« | トップページ | »

2007年2月27日 (火)

Photo_2Photo_3インドのニューデリーにいた時、オディッシィのグルジー(師匠)が、「今晩、よい音楽の公演があるから、行くように。」と言われました。なにしろ英語がだめなので詳しい事は聞き取れない。

「自分たちは見に行く事ができないが、あなたは外国人だから入れてもらえるはずだ。」「聞かれたらジャパニ(日本人)といいなさい。」とだけしかわからなかったのです。先輩ダンサーが会場の場所を教えてくださったのですが、彼女も行きたそう。どんな音楽かなあと楽しみにその夜でかけていきました。

会場入り口は人でいっぱい。みんな入れてほしいと言っているように見える。入り口の警備員と目が合ったので「ジャパニ」と言うと、難なく入場できました。インド音楽公演は初めてだったし、めずらしくて薄明かりの中でスケッチをしたのが、右の絵。「気難しそうなサンルート奏者」(右のスケッチ)とメモしてあります。タブラ(左のスケッチ)との掛け合いもすばらしく思い出に残った公演でした。

その後2001年に、「インド古典音楽の巨匠、サントゥール奏者のシヴクマール・シャルマ来日公演」のちらしを見てびっくり!あのときの人やんか。さて3月には、6年ぶりに来日公演をされるとのこと。今から楽しみにしています。

« | トップページ | »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177761/14068369

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »