« | トップページ | »

2007年6月 1日 (金)

0761先週末に初めてJリーグ観戦してきました。プロスポーツを生で見る事自体が初めての体験。テレビと違って解説もないし、わかるかなあなんて思っていたけどそんな心配は無用でした。周りの人の反応でなんとなくわかっちゃうのだ。好プレーした人は名前連呼されるし。後ろから2列目だったけどプレー自体もよく見えました。

等々力競技場の川崎フロンターレvs大宮アルディージャの試合です。以前から老いも若きも家族連れも、スタジアムに出かけるんだなあと不思議な気持ちで見てたけど、納得でした。

そこはもう非日常のハレの世界。開始前からわくわく感が満ち満ちて、どこを見ても楽しい感じ。私たちも早速ビールやたこ焼きを買ってお祭り気分。もちろんグッズショップも覗いて、フロンターレのバンダナをGET!私はサッカーを見るとは知らずに出かけたので、マゼンダピンクのサイケなシャツを着ていて、ブルーに染まった周りから浮いていたのだ。帽子にバンダナを巻いて、サポーターにへんしーん。学生時代に文化祭で、クラスのハッピとかTシャツを作っていたけどあのノリだった。
暑かったから試合前にはビール飲み終わっちゃたけど、これも正解。始まったら、ビールどころではないんですね。太鼓や歌や歓声が、うねりのように響いて選手の動きと一体になる。

試合は引き分けで、ちょっと勢いがなかったけれど、人を夢中にさせるってすてきだ。スポーツと舞踊とは違うけど、非日常空間のなかで、感情を揺さぶっていく魔力はおんなじだった。インド舞踊は個々の感情を揺さぶっていくけど、サッカーは会場全体を揺さぶっていく。でもすぐれた舞踊家は、サッカーのようなうねりを起こさせていくのかもしれない。

90分の試合に思いのほか疲れてしまい、早めに就寝。

« | トップページ | »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177761/15257886

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »