« | トップページ | »

2007年6月 9日 (土)

07610_1今年もアラビアンジャスミン(マツリカ)の花が咲き始めました。その前に開花したバラやイングリッシュラベンダーもすばらしい香りだと思うけど、アラビアンジャスミンは、インドの香りというイメージもあり『香りの女王』と名付けたい。(まあ、好みなんですけど…)夜になると花開くというのも陰微でステキじゃありませんか。

開花した翌日には地面に落ちてしまう白い花には、すぐ虫が集まってきます。大地に帰るでもなくコンクリートのベランダに落ちでしまった花はかわいそう。夜の間に収穫してしまうことにしました。水を張った小皿にいれて枕元において眠ると香りに包まれて、疲れ気味の家族にも好評です。この花の香りには緊張をときほぐす効果があるそうです。

今日は、オディッシィ教室の稽古場にも持っていきました。閉め切った室内にジャスミンの香りが漂ってきたのには、私も生徒さんもびっくり。インド的な教室となりました。インド経験の少ない私がおこがましいですが、インド舞踊を教える中でインドの文化や生活のことも伝えていきたいと思っています。香りでインドを感じていただけたことに、改めてアラビアンジャスミンのすばらしさを感じたのでした。オディッシィ教室の詳細はinformationをご覧ください。

« | トップページ | »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177761/15371950

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »