« | トップページ | »

2007年9月18日 (火)

マラソンの選手などが、レースの後で「応援がすごく力になった」とか「後押ししてもらえた」と言われていますが、感謝の気持ちからでる言葉かなあなんて思っていました。でも、自分がサッカーの応援席に立ってみてわかりました。応援する人は、声に指先に想いを込めて、エネルギーを送っているのです。ひとりひとりのパワーは弱いかもしれないけれど、みんながひとつになる事で大きなうねりとなる。選手に届かないわけはありません。サポーターは、間違いなく12番目の選手なんです。

踊り手は、想いを全身で表します。舞台に比べたら、届ける相手はたったの11人。選手に力を与えられもしないで、舞台に立つ資格なんかないで!と、気迫を込めて応援することにしています。

« | トップページ | »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177761/16490023

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »