« | トップページ | »

2008年9月 1日 (月)

0891雷雨続きの一週間でしたね。
先週の木曜日は、川崎フロンターレの試合の日でした。4時30分の開場にあわせてスタジアムへ。昼から降っていた雨がちょうどやんでくれたので、座席でのんびりと過ごしていました。黒い雲が流れて、遠くで雷がなっている。まとわりつくような湿気。こんな天気の時に屋外でひとりぼーっとしているなんてそうあることではない。

さてしばらくして、空気がすっと軽くなってさわやかな風が吹いたんですね。空をみると、さっきまでの暗さはなく白い雲が浮かんでいて、青空も覗いている。あー雲って、遠くにあって地上とは別世界ってなんとなく思っていたけどそうじゃないんだ。

宇宙から見たらスタジアムにいるみんなもこの雲の中にいるように見えるにちがいない。私は私、人は人、自然は自然、なんてことではない。

その後、空気は急激に重みを増してきました。インド映画で雨期が来るとみんな喜んで外に出るなんてシーンがあるけど、あのとき人が感じるのはこの空気の感触なんだろうなあ。空を黒い雲がおおっている。白いサギがつがいでスタジアムを横切っていった。今日は勝てる!

午後7時キックオフ。プレイヤーも応援団も雨と汗でずぶぬれ…。
写真はポンチョとタオルを乾かしている所。

« | トップページ | »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177761/42346062

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »