« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月28日 (木)

栗本薫も逝ってしまいました…。『ガン病棟のピーターラビット』(ポプラ文庫)のあとがきでガンの転移が見つかったと書かれていたし、なんとなくこの日が遠くない未来にくるのではないかと案じてはいたのですが…。

グインに抱かれ、伊集院大介とおしゃべりしながら、天国に向かっていったのかな。レクイエムを奏でるのは石森信だよね。数えきれない物語の登場人物たちが彼女をエスコートしていったのでしょう。

『グイン・サーガ』はある時から読むのをやめてしまったし、後味の悪さに読後すぐに捨ててしまった本もあったけど、『ぼくらの時代』を読んだ10代の時から好きだった作家なのでした。『グイン・サーガ』が未完のままで心残りでしょうけれど、ほんとに多くの作品で楽しませていただいたことに心から感謝しています。

ご冥福をお祈りします。

| トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

09524マイブームです。足の指の間にはさんで使います。かわいいでしょ。

いつも裸足で踊っているから、足の指は比較的よく開くし、足の疲れも特にないのですが、左足の薬指と中指の間が他の指よりも開き方が悪いので、使い始めました。(どうもこれは膝が硬いせいらしい。ひろげてやると膝部分の血行がよくなるそう。)毎日少しずつ小一時間ほど使っていると前よりもよく開くようになり、他の指と変わらなくなってきました。

足の指が見えている所からでなく、かかと部分の骨からでているのだということが、知識としてはわかっているけど、しっかりと実感できるのもうれしい。

| トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

0959_2「忌野清志郎 Aoyama Rock'n Roll Show 」に行って来たよ
後ろも前も終わりのないような行列の中で
少しずつつ少しずつ長い時間を歩いた

身体をやんわりと動かしながら
ハミングしたり祈ったり考えたりした
大好きな人にメールしたり電話したりした
思い返すとこの時間が大切な時間だった

Love Song をありがとう
ご冥福をお祈りします with love♡

| トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

リンクにオディッシィダンサーの茶谷祐三子さんとカタックダンサーの廣光恵さんを追加しました。GWの後半は家でじっとしています。セージやローズマリーの植え替えもしたいのだけど、天気悪くなってちゃったなあ。

| トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

清志郎、行ってしまいましたね。
ちょっと言葉にならない…。

RCサクセションを歌いながら、道路に寝っ転がって遊んでた。
旧9号線がまだ見たことのない甲州街道のつもりやったよね。
授業をさぼって出かけたピンク大学(と清志郎は言ってた)でのライブで初めて見たんだ。

あのときも今も「愛し合ってるかい?」って清志郎は叫び続けてた。
いつも、いつまでも 「YEAH !! 」ってハイテンションで答えていこう。

| トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

0954熱海に行ってきました。写真は来宮神社(きのみやじんじゃ)の大楠です。本州で一番の大きさという楠は、樹齢2000年とのこと。周囲は20メートル以上あり、上にも高く枝葉をのばしています。熱海には、他にも大きな木が多く、歴史の古さを感じさせるすてきな街でした。

でもこの大楠は圧巻です。この木が見たくて出かけたのですが、想像を超えた姿に立ち尽くしてしまいました。裏側に廻ると洞窟のように見える。表とはまた違う顔。木に表も裏もないのだけど、祠のある方が表のように思えるのは誰しもの感想なんだと思います。その洞窟の内側の部分は、心または身体の奥底のように思えたので。

そして上を見上げるとそこには新緑。

石のようなごつごつした姿、不思議なうねり。とてつもない力強さと、裏側のエロスすら感じてしまう姿。その上に若々しいライムグリーンの葉が輝いていて、わーまいった!と思いました。むちゃむちゃ好きになりました。また会いに来させてくださいね。きっと。

大楠にお参りして次の目的は、来宮神社のアイドル猫ハナちゃんに会うこと。でも猫だからなあ、いつもいるとは限らないよねえと、お休み処の周りをうろっとしたら、すぐに私のほうにやってきてくれました。なついてくる訳でもないけど、お茶とおまんじゅうをいただくために、店内のテーブルにつくと足元に座ってくれるのですね。その後も他のお客さんにも見られやすい場所に移動して、みなさんの話題を誘い、帰り際に「ハナちゃん、ありがとう。またね」と声をかけても反応はないのですが、聞いていてくれる。とってもかわいくて大楠の精のようなハナちゃんでした。

| トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »