« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月29日 (水)

Congratulations

09922インドのラマニ・ランジャン・ジェナ先生(写真右)が、サンギータ・ナターク・アカデミーのアカデミー賞(Akademi Puraskar)に選ばれたとのこと。受賞されたことはもちろんですが、お元気なグルジー(先生のこと)の写真が見れて、とてもうれしいです。

インドで踊りを見ていただける時を楽しみに、がんがん踊っていこうとグルジーの笑顔を見て改めて思いました。

| トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

日食は見れましたか?あいにくのお天気だったけれど、11時過ぎ頃にからすが鳴き始めたのでベランダに出てみました。曇りだったのでふと明るい方に目をやってしまったら、雲のベールの下からくっきりと見れてしまいました。直に見てはいかんというのに見えるじゃないか!とすぐ目をそらしましたが…

ムーミンの絵本で日食を題材にしたものがあって、現実のものとは思えなくて、とても印象に残っていました。私の名前にもなっているお日様(あつかましい言い方やなあ)のイベントでみんな騒いでいるからなんとなくうれしかったり、お日様の大切さ、力強さを改めて感じ入ったり、なんとなくそわそわしてしまった日食デーでした。今日は新月でもありますね。

| トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

バラタナティヤムのダヤ・トミコさんとクチプディの渡辺桂子さんの公演「ジャスミンの夜vol.12」を見てきました。とても重厚な公演で、たっぷりとインドの神々と舞踊の世界を堪能させていただきました。おふたりの表現力で、いろいろな神様の姿が見えるようでした。

ダンスのすばらしさと共に、素敵だなあと思ったのは、演目に合わせて衣装を何度も変えられていたこと。舞台に現れたときから演目のイメージを衣装の色で想像して、わくわくしてしまいました。

| トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

七夕の日、我が家からは天の川どころか星はあまり見えなくて残念。でもお月さまはよく見えます。ちょうど満月だったのですが、雲が早くて薄墨のようなにいろいろな濃さで姿を変えて、月光に陰影を作っていました。雲が切れたときの輝きもすばらしかったし、窓際に座り込んで、部屋から見えにくくなるまで眺めてしまいました。

| トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

イラストやオブジェなど多彩に活躍されているアーティスト辻寿見さんのHPがリニューアルされました。また仲良しのオディッシィダンサーの村上幸子さんのHPアドレスをブログアドレスに変更しました。リンクページをご覧くださいね。

| トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

09628_2大阪に帰った時に、昨年同様高野山に登ってきました。お世話になった宿坊「成福院」の本堂で、着いた夜に「阿字観」という瞑想と呼吸法を教わりました。朝の勤行で再び本堂に行き、昨日の阿字観を思い出しながらお経を聞いていると、今までに無く心地よく感じました。お経を聞く時はこれからこのように聞こうと思います。読経の始まる前には、遠くからお経が聞こえてきました。早朝に高野山じゅうのお寺でお経が読まれているんですね。

朝食の後は写経をさせていただきました。「阿字観」「勤行」「写経」は、宿泊者が希望すれば体験させてもらえるのです。習字は大の苦手だったので、案の定始めはがちがち。でも阿字観の時のように、オディッシィを踊るときのように、身体の中心から文字を書くようにすると急に書くことが楽になりました。オディッシィを踊るときのようにやってみるというのは、緊張する場面で硬くなりやすい私にはよい発見でした。約1時間、般若心経と向かい合った充実した時でした。

096291_2その後は、金剛峰寺にでかけました。広い敷地内にたくさんのお堂が会って、その一つ一つで修行できるようになっていました。孔雀堂というお堂では、実際にひとりのお坊さんが、ご本尊に向かって瞑想をされていました。(小さな窓からお堂の中がのぞけるようになっているのです。)とっても美しい姿で、私はその姿に合掌してしまいました。するとどこからかお経の声が。右の写真のように、お坊さんがひとつひとつのお堂や神社を廻ってお経やマントラを唱えていらっしゃるのです。とても美しくて、日本画家の池田遙邨の世界のようでした。

今回の帰省は、亡父の3回忌が目的だったのですが。野中ミキ先生の公演はちょうど日があって見に行けたし、このように高野山で印象深い体験ができました。父からの贈り物かもしれません。

| トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »