« | トップページ | »

2009年9月16日 (水)

09916_2少し前なのですけど、すてきな本に出会いました。阿部櫻子さんの『インド櫻子ひとり旅』(木犀社)です。口絵の中にとてもすてきな土人形の写真があって、インドの民芸品でも見たことがないなあと興味をもったのが、購入のきっかけでした。

インド旅行で訪れたオリッサ州コナーラクの村は、美しくて静かで私にはおとぎの国のようだったけど、そこには人の暮らしがありました。その散歩の途中で出会ったナヤックさんというガイドをしているという方とのふれあいの中にも、日本とは違った環境での暮らしがあり、でも人の情とか感情は変わりないんだということを感じたり、ほんの半日でもそれは多くの経験がありました。そんなインドの旅を思い返し、さらに奥深くの村々に連れて行っていただいたような本でした。櫻子さんの行動力やお人柄に加えていろいろな偶然があり、導かれるように旅をされ、出版に至られたそうです。

いつもは眠ってしまう新幹線の中で一気に読んでしまいましたよ。インドに行きたくなりますね。

« | トップページ | »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177761/46226437

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »