« | トップページ | »

2009年10月14日 (水)

091014神代植物公園といえば、深大寺参道のおそばとセットで考えてしまいます。今日は初めての店「雀のお宿」に入ったら、器に私の好きな砥部焼が使われていました。白磁に藍や朱などで描かれたシンプルさと、やや厚みのあるぽってりした形がお気に入りです。写真のどんぶり、そば猪口、湯のみ全部砥部焼でした。どんぶりの中は「たぬきそば」。大阪のたぬきそばとは具が違うんですよね。

植物公園では、「秋のバラフェスタ」開催中で、秋に咲くバラが花盛りでした。でも足が向かったのは、春にしか花をつけない野バラなど原種に近いもののコーナー。ちょうど実が赤く色づいて個性をはなっていました。秋咲きのバラは、春と同じように葉も青々としていましたが、こちらは葉がほとんどなくなっているものも多くありました。そう、我が家のバラと同じく虫に食べられてしまったのでしょう。毎年、目についたら青虫を葉っぱからはがすけれどきりがなく、結局秋までに半分以上の葉っぱを食べられてしまうのですが、ここでも同じ姿になっていて、これが自然の姿なのかなあと思いました。写真はロサ・カニナとロサ・ガリカの交雑種。ローズヒップティーに使えます。

« | トップページ | »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177761/46483046

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »