« | トップページ | »

2009年10月 7日 (水)

先日鼓みかさんの「クリスタルボウルコンサート」に行ってきました。クリスタルボウルというのは、水晶を型にいれて溶かして成型した楽器。金属や他の石を一緒に入れて溶かしたものなど色や大きさの違ういくつかのボウルを鳴らします。メロディを楽しむというより、音を楽しむ、音と身体の共鳴を楽しむといったほうがわかりやすいかも。

場所は日頃お世話になっているヨーガの剱持和子先生のアーナンダヨーガスタジオでした。コンサートの前に、寝っ転がって聞いてもよいし、自分の好きなように楽しんでといわれたので、コンサートが終わる頃には8割くらいは横になられていたようです。その方が余分な力が入らずに、クリスタルボウルの音を感じられるように思いました。私は、ちょうどよい高さの椅子に腰掛けて、踊るではないけれど、音に揺られて身体を動かしていました。

途中で鼓さんが、クリスタルボウルを一つ持って、ひとりひとりの前で音を鳴らしてくださいました。その間はパートナーの方と演奏を変わられていたので、全体の音のボリュームは変わらないままです。布(鼓さんの衣装)の動く音が近づいて、私の近くに来られました。目をつむっていたので距離はわかりませんでしたが、クリスタルボウルが空気を響かすのを感じることができました。さっきまで聞いていた音とはパワーが違います。もちろんそれまでもとてもここちよく楽しんでいたのだけど、その数秒間は、穏やかな水面のように揺れる空気の玉に包まれたようでした。

この日はコンサートの後に倍音声明の瞑想会もあったのですが、用事で先に帰らなければいけなかったのが残念。だけど清々しい気持ちでヨーガスタジオを後にしました

« | トップページ | »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177761/46419198

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »