« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月22日 (火)

オディッシィ教室のレッスン時間を1月より変更しました。新たに予約制のセミプライベートクラスが始まります。informationをご覧ください。

| トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

091219_21月23日(土)の「プルニマ15周年祭」に野中ミキ先生とカマラ・カラ・ピータのみなさんたちと出演します。前回のプルニマ公演以来の関西公演です。関西の皆様!お会いできるのを楽しみにしています。ご予約はこのHPのメールから、公演時間(14時半または18時)と人数をご記入の上お願いします。

会場:京都市国際交流会館
開演時間:14:30(14:00開場)18:00(17:30開場)
入場料:2000円(前売り)2500円(当日)
出演:野中ミキ&カマラ・カラ・ピータ(オディッシィ)、福田麻紀&アムリタダンスカンパニー(バラタナーティヤム)、マユリ・ユキコ&インド舞踊サナトクマラ(ムービーダンス)、茶谷祐三子(オディッシィ、創作舞踊)
主催:サロン・ド・プルニマ

今年もいろいろな舞台に立たせていただきました。長野のホスピスで踊らせていただいたこと、石田紫織さん、吉田こうきさんによるインド音楽の生演奏で踊らせていただけたこと、ていねいな感想をいただいたこと、どの舞台もとても大切な時間でした。でもまだまだ踊り手としては足りない。2010年はもっともっとみなさんとお会いする機会を持ちたいと知人に話したりしていましたら、春までに4つの舞台がとんとんと決まりました。びっくりで、うれしくて、もう感謝感謝です。上記の京都公演以外は、施設などの公演なのでお客様を募れませんが、新たなオディッシィを通しての出会いをとても楽しみにしています。そしてさらに多くの皆様に楽しんでいただけるように前進していきます。いつも応援していただいてほんとにありがとうございます。

| トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

091211_3ダイアログ・イン・ザ・ダーク TOKYO」に行ってきました。指先も見えない真っ暗闇の中を、視覚障害者のサポートと杖を頼りに進んでいきます。自然を感じ、聞くこと、匂いや手触りで様々なシーンを体験していきました。友人のイラストレーターくまちゃんから話を聞いた時に、ぜひ行ってみたいと思ったのですが、その時に
「行こうと思うなら詳しく(私が)話さない方がいいと思う。誰かと行くのなら二人くらいまでで、あまり大勢で一緒に行かない方がいい。」
と言われたのでここでは私も書かないけれど、とても素敵な体験でした。暗闇の体験ということで想像したのとはかなり違っていたのが驚きでしたが、これは予備知識なしで行ったからだと思います。季節ごとにシーンが変わるので、1月からの「冬」3月からの「春」も体験してみたいな。地下鉄の外苑前駅から、徒歩8分。長期の開催だそうです。

| トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

09126「仏像ガールの旅で出会った仏さま」という講演に行ってきました。講師は仏像ナビゲーターとして活躍中の仏像ガールさん。日本各地の8人の仏さまについてスライドを見ながら、初めになにも情報を聞かされないままに、私たちは印象をメモしていきます。その後でエピソードやクイズでその仏さまについて知っていくという内容です。お話を聞いていくと、製作者の信仰や思い以上に、人々の信仰の深さに驚きます。仏さまが美しい姿をしているからというより、「仏さま」だからみんな戦争や弾圧から守るために必死に知恵を絞り、今に伝えられているのですね。

そして、そのような情報抜きにして、仏さまとの出会いを感じてほしいとの考えから、第一印象をメモするように言われたそうです。他の受講者の印象を聞いてみると、自分と似た人もいるし全然違う人もいます。一番気に入った仏像も友人とは別だったし、人それぞれということ。それは絵や彫刻をみるのと全く同じ感覚ですね。仏像ガールさんは、京都旅行で見た仏像に涙するほど感激されて、大学で仏像の勉強を初められたそうです。けれど知識を得た時に、初めて仏像に感動したときの気持ちを忘れかけていることに気がつかれたとのことでした。それで、「感じる」ことを仏像を見る時の一番大切なこととして考えられているそうです。

オディッシィでも同じやなあ。技術を磨くことによって、心を磨くというか、
「自分の器より大きい作品はできない。」
と言っていた佐川美代太郎先生の言葉を思い出すまでもなく、踊りには全てが出て、それを技術でごまかすみたいなことはできない。仏さまも作った人が信仰心をこめて作られたからこそ、人々の心を動かしてきたのでしょうね。

2時間の仏さまとの旅は、いろいろな思いをよぎらせながらあっという間に過ぎていきました。
写真は、本文とは関連がない慶応大学構内。いちょう並木がきれいな散歩道です。

| トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »