« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月28日 (木)

京都市国際交流会館での『プルニマ15周年祭』が終わりました。見に来て下さったみなさま、ありがとうございました。

遠方での公演でしたが、スタッフや他の出演者、お客様と多くのみなさまとふれあう事ができ、幸せな一日でした。今回初対面だと思っていたマユリ・ユキコさんは、10数年前に私の個展を見に来て下さったとのこと。インドがテーマではなくて裸婦が中心の個展だったのに、すごい縁じゃあないですか?覚えて下さっていた事も感激でした。首都圏以外での公演に、これからも出演させていただけるようがんばりたいです。

| トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

10113荻窪「銀花」で友人で兵庫県在住の陶芸家、光藤 佐(みつふじ たすく)さんの展覧会が開催中です。23日(土)までですが、みっちゃんが画廊にいるのは2日間のみ。もちろんその日に出かけたのです。そういう人は私だけではなかったようで、画廊に入って数秒後には「ビールでええか?」という話になり、テーブルにはいろいろなごちそうが…。作品を見せていただいてから宴会に参加させてもらいました(^^) 

そこで、おもしろい話を聞きました。みっちゃんは作った壷の底を切って、少しだけ土の中に埋めてコンポスト(生ゴミ堆肥化容器)にしているのだそう。その壷の中に生ゴミをいれると、微生物が分解してなくなってしまうのだとか。他になんにも入れるわけでなく、できた物を壷から取り出す事も無く、生ゴミはなくなってしまうのだそうです。よっぽど豊かな土地なんやろうなあと思って聞いていたけど、よくあるプラスチックなどのコンポストと違って通気性がよいので微生物もよく働くのではとの意見がでました。陶器の壷だから見た目もきれい。家に来られたお客様はみんな「これナンですか?」と聞いて蓋を開けようとされるのだとか(笑)

昔からの友人の今のお知り合いの方々との飲み会に、なつかしくもうれしい気持ちになりました。写真はその時に買ったお茶碗です。ずっと使っていたお茶碗が割れてしまったので新しいのが欲しかったのですが、すてきな買い物ができました。

| トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

1013あけましておめでとうございます。
年賀状用にオリッサ州の神様ジャガンナートさまの妹のスバドラーさまを描きました。昨年までに絵の道具はほとんど処分してしまったけれど、色鉛筆だけはまだ持っているのです。

1日の夜遅くに義母のいる広島県福山市から我が家に帰って来て、翌日は風邪で一日寝込んでしまったので、もうお正月はおしまい。休み中は軽い体操以外にはお稽古をしなかったけど、寝込んだのが幸いして、すっきりした気がします。我が家の神様たちには例年通りマフラーを着けていただいて、少し遅くなってしまって申し訳なかったけれど、冬支度を終えました。明日から稽古場も使えるし、いつもの日が戻ってきます。8日は、元住吉の老人施設での公演、23日は京都公演。年始から舞台でお会いできる事を心よりうれしく思います。

今年がよい年でありますように。

| トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »