« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月30日 (金)

ゴールデンウィークに入りましたね。私は今のところ予定も無く、稽古してはオディッシィの奥深さに感心したりしています。未だに基本ステップのところで「あーそうなのかあ…」なんて思うこともたびたびです。オディッシィはバレエなどのように際立った能力を見せるという部分が少ないので、シンプルな動きに集中できるのかもしれません。6月に東京の施設で踊らせていただけることになりました。どんどん新しい演目をお見せするということはないですが、同じ演目でも毎回ちっとずつ踊り方が変わっているので、私自身とても楽しみです。

| トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

昨日はさいたま市浦和の延命寺の花祭りに行ってきました。踊りも音楽もとてもすばらしくて楽しませていただきました。会場がお寺の本堂だということもあるのかもしれませんが、空気の振動を感じられるような舞台でした。延命寺の花祭りは何度も来させていただいていますが、「生まれたばかりのお釈迦様」の像に香りの良い甘茶をかけるのが楽しみです。浦和から引っ越しして6年近くになりますが、今年もお目にかかれましたねという気持ちになります。お寺やお釈迦様が身近に感じられるのってすてきですね。

| トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

4月17日,18日の『アジア交流音楽祭 ASIAN HEALING 2010 』の交流ステージ(無料ライブ)に出演します。私が出演するのは、4月18日(日)の川崎地下街アゼリア内スタジオアゼリア(JR川崎駅東口、入口階段を下りてすぐ)で、15:45から30分間です。JR川崎駅近辺のいろいろな場所で、アジア各国の芸能が披露されます。川崎には沖縄出身の方が多いので、沖縄伝統芸能のグループが多く出演されるのが特徴だなあと思いました。インド関連では私の出演の前に、南インド古典打楽器の演奏がある他、他会場でも音楽や舞踊があります。HPをチェックしてみてくださいね。

| トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

今日はお釈迦様のお誕生日です。生まれたばかりのお釈迦様は7歩あゆまれ右手で天、左手で大地を指差し「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」と言われたとお寺でいただいた通信文にありました。わたしたちは誰もが、宇宙という無限の空間と悠久の時間のなかで、命をいただいたかけがえのない尊い存在なのだそうです。今までも耳にしたことがあるような気がするけど、今年はとても心に響きます。

3月は横浜、新潟、東京と高齢者などの施設で踊らせていただきました。他にも2つの公演があり、うれしい忙しさの月だったのです。今回はどのプログラムでも「モクシャ」という演目を踊りました。「モクシャ」は「解脱」と訳されています。施設ではインド舞踊を見るのは初めてという方がほとんどなので、わかりやすいようにこの演目を説明しようと思いました。

ヒンドゥー教では、わたしたち人間は、神々のいらしゃる小さな宇宙とみなされているそうです。けれどほとんどの人がそのことに気がつかない。自分を慈しんで内なる神様とひとつになれるよう願う踊りが「モクシャ」です。それぞれの神様を感じていただけますようにと願いを込めて踊らせていただきました。そして踊るたびに私自身も透明な気持ちで踊っていきたいと強く思うようになっていた所にお釈迦様の言葉が目に入ったのでした。

今日は高尾山で買った甘茶のお香を焚こうかな。

| トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

103273月の新潟公演終了しました。踊りを見て下さったみなさま、お世話になったスタッフのみなさまに感謝いたします。

26日の夜は、ミティラー美術館で泊めていただき、美術館の作品を、夜と朝の2回見ることができました。インドで買われた作品もありますが、作家を招いて日本で制作した作品がとても多いのが特徴です。以前来日されたガンガー・デーヴィーさんは、どんなに寒い日でも必ず沐浴されてから絵画に向かわれたそうです。見かねて、館長のお母様がお湯を用意されたそう。どの作品もていねいで穏やかなエネルギーに満ちていました。壁画として描かれていたミティラーやワルリーの絵画ですが、日頃見る機会のあるのは、小さな作品がほとんどでしたので、大きなキャンパスに描かれたものを見る事ができたこともうれしかったです。

写真は、長谷川館長の愛犬シルバー君。とっても大きくてふかふかのわんちゃんで一緒に遊んでもらいました。

| トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »