« | トップページ | »

2010年5月22日 (土)

10520写真は木曜日の朝に撮った夕顔の双葉です。水曜日に小さな茎が地面から顔をだしました。U字に折れ曲がった茎は、重い頭をもたげるように丸一日かかって茎をまっすぐにのばして双葉が現れたのです。金曜日になってもまだ葉が開きません。けれど緑は少しずつ濃くなってたくましくなり、土曜日には一回り大きくなって濃い緑色の双葉が開きました。ゆっくりゆっくり着実に成長してこの世界に現れてきたのが、母親の身体から子供が生まれる様子と重なって感動してしまいました。

「草木国土悉皆成仏」(そうもくこくどしつかいじょうぶつ)という考え方が好きです。五木寛之さんのご著書に何度か出て来たので覚えたのですが、日本人の中にある仏教の考え方だそうです。人間や動物だけでなく草も木も、石も山も、水も風もあらゆるものに生命があり気が流れているということだそうです。かなり前のことになりますが、健康によいとの話を聞いて菜食に変えようかと考えたことがありました。けれど少し疑問を感じてやめにしました。その時に考えていた事が「草木国土悉皆成仏」のようなことだったので、本で見た時にとても共感したのです。インドの方には菜食がとても多いし、宗教や考え方は人それぞれでよいと思っていますが、私はすべての食物から気をいただいていることに感謝してお肉もお魚も食べていこうと思ったのです。(少々好き嫌いはありますが…)

« | トップページ | »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177761/48429834

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »