« 日の出 | トップページ | なかはらアクトストリート(3月5日土曜) »

2011年1月31日 (月)

川崎混声合唱団

週末に、川崎混声合唱団の第45回定期演奏会を見てきました。創立50周年記念の公演でした。1000席はある麻生文化センター大ホールは満員。それが、真摯な活動の歴史でしょうか。高校生の時から40年以上続けていらっしゃるという団員の方もいらしゃいました。

わたしなど、とても及ばないキャリアです。続けていく事のすばらしさを見て感動してしまいました。団員の方々、指導の先生方、観客の皆さんの深いつながりを感じたのです。

オディッシィは、ハードな踊りではありますが、経験を重ねていく事でその年齢にあった踊りができるのではないかと思っています。
「年をとったら踊れないのだから、絵をやりなさいよ」
と言って下さる方も複数いらっしゃったのですが、私はそうは思っていないので、そのたびになるべく失礼のないよう説明してきました。私の50周年はあまりにも遠い先だけど、一歩一歩進んで行きたいものです。踊りを見て下さる方々や仲間たちとのつながりに感謝して。

« 日の出 | トップページ | なかはらアクトストリート(3月5日土曜) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177761/50737560

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎混声合唱団:

« 日の出 | トップページ | なかはらアクトストリート(3月5日土曜) »