« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月19日 (火)

祈りと踊り〜チャリティライブ〜

11419ライブのお知らせです。17日のブログに書いたように、むゆうじゅのメンバー(福島まゆみ、桐山日登美、Go Arai、石田紫織)で出演します。通常のオディッシィではなくて、語りや歌を交えて、ほとんど椅子に座って踊ります。オディッシィの世界をよりわかりやすくと思って、2008年よりオディッシィダンサーの福島まゆみさんと作ってきたものです。アイテムは、インド舞踊でよく踊られるギータゴーヴィンダという物語詩から。2008年に来日されていたインド舞踊家のバサンタクマリ先生に教わった演目をアレンジしたものです。私たちの出演は、21:00からです。遅い時間になりますが、どうぞ遊びにいらしてくださいね。ご予約は、メールにて承ります。

祈りと踊り〜チャリティライブ〜
*イベントの収益は経費を除き、東北地方太平洋沖地震の義援金として寄付いたします。
*4月29日(祝) 19:00 オープン,19:30 スタート 21:30 終了
*吉祥寺スタジオ アムリタウエストB1
*前予約 2000円 当日 2500円
*協賛 スタジオアムリタ

出演 踊る人々
福島まゆみ,桐山日登美 (ODISSI) Toki(エスニックフュージョンダンス)  Yuuka (アースダンス) Satri(アンビエントオリエンタルダンス) 山田まや(シャーマニックベリーダンス)

奏でる人々
Go Arai (バイオリン) 石田紫織(タブラ) Sage (カリンバ) 青山雅明 (ホーメイ,ギター,尺八等) 岡山守治 (口琴,ホーメイ,ギター) Namskara(インディアンアンビエントユニット)

祈りの時間
ファシリテーター:Yuuka タンプーラ:クニミ

イベントのお問合せは山田まやさんまで

| トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

むゆうじゅ

オディッシィダンサーの福島まゆみさんとインド音楽家の新井剛くんとで、オディッシィグループの活動を始めて約一年がたちました。定期的に介護施設で公演を行っています。ゆるく長ーく続けていけそうだし、友人からの勧めもあり、グループ名をつけました。

むゆうじゅ』といいます。無憂樹(むゆうじゅ)の花には、人々の憂いを取り除く力があるとされていて、ヒンドゥー教と仏教で大切な木とされています。そんな活動ができたらいいなあという思いを込めました。

インド舞踊を始めて見る方にもわかりやすくと、語りを入れ、歌も自分たちで歌っています。まだできるアイテムは2曲ほどで、歌は素人ではあるけど、踊りの方は少しずつ息もあってきたし、どんどん進化しているように感じています。今も新しいアイテムを研究中です。

このメンバーにタブラ奏者の石田紫織さんを加えて、4月29日19時30分から吉祥寺アムリタでのチャリティライブに出演することになりました。詳細は近日中にアップします。よろしくお願いいたします。

| トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

Mind1

Mind1ニッポンプロジェクト東日本大震災復興支援試合」に行ってきました。等々力陸上競技場での川崎フロンターレと横浜FCの練習試合を無料公開して義援金を募るというものです。45分の試合が3本。新人選手の活躍や思わず『キャーーーheart04」と叫んでしまった山瀬功治選手の鋭いミドルシュート、相手チームながら三浦知良選手のファインプレーもあり、見応えのある試合でした。等々力アリーナで過ごされている被災地の方々も招待されたそうです。

メインスタンド正面の一番目立つ所に「風評被害に負けるな 福島の野菜は日本一」という被災地の農業を応援する幕があったのが印象的でした。我々ができる小さな支援のひとつが被災地で作られたものを買うということです。私には子供がいないけれど、自分がお母さんだったとして、子供に被災地(特に原発に近い地域)の野菜を食べさせるだろうかということを考えます。私は、きちんと流通されてきたものを子供と一緒に食べるような人でありたいと思っています。身体に良くないと判断された商品を、生産者の方々はとても辛い思いで処分されています。それをテレビで見るたびに「私は買うぞ!」と思うのです。

| トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

ほうき

114節電のため、部屋の掃除をほうきでするようになりました。けれど、持っているものは柄が短くて使いにくいので、京橋にある江戸ほうきの老舗「白木屋伝兵衛」に行ってきました。職人がきちっと作ったものが欲しくなったのです。インターネットでも購入できるのですが、実際に商品を見て、お店の方からも話を聞きたくて出かけてきました。

フローリングの掃除には、ホコリが舞い上がりにくい、棕櫚(シュロ)のほうきがお勧めだそうです。国産の棕櫚を使ったほうきは、安い金額ではなかったのですが、この値段でできること、買えるものを頭に浮かべて、それでも欲しいと感じたので決めました。具合がわるくなれば修理もしていただけるそうです。
「大切に使ったら、15年くらい持ちます。」
いろいろ説明をしてくれたお兄さんから、商品への愛情が感じられふんわりした気分になりましたよ。一緒に厚紙に柿渋を塗って作ったちりとりも買いました。柿渋を塗ってあると静電気がおこりにくいのだそうです。

さて、使いごこちですが、力も入らずにとてもスムースです。ベッドやソファの下は少しはきにくいので、定期的にワイパーで掃除していますが、毎日の掃除は、これで十分。お茶殻を乾燥させて使っているので、掃除をしているとお茶の香りがして楽しいです。

写真左下がお茶殻。ちりとりの上に載せたのは、ゴミでなくエアプランツ。昨年末に花が咲いたのですが、最近子供ができているのに気がつきました。どうしてあげたもんだか…。もう少し大きくなるまで様子をみてみよう。

| トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »