« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月29日 (木)

アジア交流音楽祭

おんがくのまち・かわさき アジア交流音楽祭の交流ステージに出演させていただきます。4月14日、15日にアジア各国の民俗音楽や舞踊、川崎市を拠点として活動するストリートミュージシャンなどによる入場無料のライブコンサートで、川崎駅周辺の11カ所で行われます。

私は、3月29日にオープンしたての「川崎アトレ」一階広場にて、4月14日の16時30分からの出演です。JR川崎駅の改札をでて、右側すぐのところです。

いろいろな国や地域の音楽やダンスのライブがあるので、上記のリンクよりステージプログラムをぜひチェックしてくださいね。

| トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

うれしいひなまつり

手話サークルで教わった手話歌『うれしいひなまつり』がとても可愛かったので、オディッシィダンスにアレンジして、地域ケアセンターのボランティアで踊ってきました。歌も歌ったので、アイテムを踊るよりドキドキ。伴奏用に持っていったタンプーラマシンは、緊張して耳に入らなくなってしまいましたが、歌い始めるとみなさん一緒に歌ってくださり、椅子に座ったまま踊りも真似してくださる方も…。次に踊った『バサンタパッラヴィ』も、上半身で踊ってくださる方がいてとても楽しい会となりました。インド舞踊の動きが日本の歌と組合わさることで、より親しみを持っていただけみたい。

先日テレビで、演歌歌手のチャダさんが、母国のインドで「演歌」を広めていこうと活動をされているのを見ました。日本の演歌をヒンディー語に訳して、伴奏はシタールやタブラなどインド楽器を使い、着物を、アクセサリーやターバンをつけて着こなしてらっしゃいました。とてもすてきで、日本人としてうれしく思いました。オディッシィを日本語でわかりやすく楽しんでいただきたいという、オディッシィダンスグループむゆうじゅの活動と同じといったらあつかましいかな。4/8の花祭りで披露する『般若心経』のように、日本唱歌もむゆうじゅの施設ボランティア公演で、取り入れてみましょうか。

| トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

延命寺の花祭り

毎年、とてもすてきな延命寺の花祭りに出演させていただきます。
今回のむゆうじゅは、タブラの石田紫織ちゃんがインドに行っているので、ガタムの久野隆昭さんにお願いしました。ガタムで踊るのは初めてなので、とっても楽しみ!そして、サンスクリット語で般若心経を歌い、踊ります。こちらも初めてのオリジナルダンスです。見に来てね!

延命寺の花祭り
日 時 平成24年4月8日(日)入場無料
1時半 法要の部 声明 表白 般若心経
2時 インド舞踊の部
藤間叟之介「ギータゴーヴィンダ」
むゆうじゅ 舞踊 福島まゆみ  桐山日登美
     バイオリン、シタール 新井剛 ガタム(壺太鼓) 久野隆昭
     「クルヤドゥナンダナ」
      サンスクリット語般若心経 朗唱と舞踊

3時 鎮魂と平和祈願の儀
奉納舞 野火杏子 佐草夏美
剣舞  青木宏之
「平家物語」 坂田明 高良久美子
「ひまわり」
「さくらさくら」

今年の花祭りのテーマは「和の魂」です。日本人の魂、協調する精神をもって国土の再生、復活を祈ります。
民俗学では不慮の死を遂げたあらみたま(荒魂)が祀られて、にぎみたま(和魂)にかわっていくといいます。
亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りするとともに、人と人、人と環境との調和を祈願します。

延命寺
京浜東北線浦和駅東口 徒歩8分 仲本小学校東側
さいたま市浦和区本太1-42-2

| トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

無憂樹

120304写真は、わたしたちのダンスグループの名前になっている「むゆうじゅ(無憂樹)」の花です。東京の神代植物公園で花が咲いたのは初めてとのこと。とてもめずらしいので、新聞に載っていたそうです。

無憂樹は仏教の三大聖樹のひとつです。お釈迦様のお母様は、無憂樹の花があまりきれいなので、花房を手折ろうとして、右手を上げた時に右の脇からお釈迦様が生まれたそうです。

「むゆうじゅ」では、今、うれしいことにご縁があって「般若心経」に取り組んでいます。この演目を見ていただけるのは4月8日の花祭りの日になります。そう、お釈迦様のお誕生日を祝う日です。あらあら、偶然とは思えないじゃあないの「見たいね!」「見たい!」ということで、メンバーの福島まゆみさんと、「般若心経」の稽古をする前に、神代植物公園にでかけたのでした。

4/8の花祭りの詳細は後日に。場所は、毎年すてきな花祭りをされている浦和の延命寺になります。

| トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »