« 稽古 | トップページ | チャランカマル発表会 »

2015年2月22日 (日)

にごりえ

横浜ボートシアターの吉岡紗矢さんによる『にごりえ(樋口一葉 作)』の語りを聞いて来ました。 休憩をはさんで約100分の語りを聞いて驚いたのは、紗矢さんの表情を見つめながらも、物語の情景があざやかに浮かび上がって来たこと。 そして読書では気が付かなかった解釈に驚き、納得すること数箇所。 普段の読書であれば、絵画や映画のように浮かんでくるものが、リアルに立体的に感じられたのが不思議でした。 道端の立木に寄りかかるおりきの心の声の激しさ、おおらかな気持ちの男に肩をたたいて呼び止められた時の二人の姿、破れた紙袋から転がりでてくる「かすていら」の黄色が見えるようでありました。

« 稽古 | トップページ | チャランカマル発表会 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177761/61178932

この記事へのトラックバック一覧です: にごりえ:

« 稽古 | トップページ | チャランカマル発表会 »