« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月29日 (木)

林陽子 銅版画展

繊細な描画と色が魅力のイラストレーター林陽子さんの個展に銀座の伊東屋へ。ゆっくりと作品についてのお話を聞きながらの贅沢な時間でした。陽子さんの色の使い方がとても好きなのですが、その秘密もいろいろ伺いました(^^) 作品のほとんどが銅版画だから、別の色で刷ると全く別の作品が仕上がったりします。色が違うと世界が変るのです。その変化を見れたのも楽しかった。合間には共通の友人の噂話など。これもまた楽し!

| トラックバック (0)

2015年10月23日 (金)

花蓮夜Ⅱ(ギータゴーヴィンダの世界)

明日は「チャラナ・カマラ」のレッスンの後、京都まで野中ミキ先生の公演「花蓮夜Ⅱ(ギータゴーヴィンダの世界)」を見に行きます。すばらしいプログラムでめちゃくちゃ楽しみ!会場で会えるであろう友人との再会も!

野中先生の公演を拝見するのも、京都に行くのもずいぶん久しぶりです。堺の実家まで足をのばしたいところですが、公演のあと夜行バスで帰ってきます。 お天気よさそうだからちょっとでも比叡山が見れるといいなあ…。学生時代は道に迷ったら比叡山をめざして歩き、秋の紅葉、冬はスキー場のリフトの光を眺めていました。あーわくわくする(^^)

| トラックバック (0)

2015年10月22日 (木)

華やかな刺繍布スザニ

すぐ近くにあって、ずっと前から行きたいと思っていたのに行く機会を逃していた「岩立フォークテキスタイルミュージアム」に行って来ました。今の展示は「華やかな刺繍布スザニ」。大胆なデザインと配色が美しい中央アジアの布「スザニ」と刺繍や絣の民族衣装などが展示されています。赤、黄、青、紫と鮮やかな配色ですが、色の組み合わせが絶妙!すばらしいハーモニーを奏でていました。この展示は11/14まで。次回は北インドの毛織物だそうです。ミュージアムの近くには興味をそそられる喫茶店もあったし、また出かけようと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)

ディワリ・イン・横浜 2015

今日から「ディワリ・イン・横浜」始まりました。「チャラナ・カマラ」の出演は明日の11時20分からです。今日のお稽古で最終打ち合わせ。いつもは司会者にお願いしている演目説明を今年は岡崎禎子さんと私で一曲づつやります。「踊りより緊張します!」という禎子さんの言葉に私も自分のハードルをあげようと手話を入れて説明することにしました。今晩は二人共ナレーションの稽古になりそうやね。 高橋めぐみちゃんには、あのセリフ言ってもらいます! 

| トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

おさらば恋が淵

151017友人の葛たか喜代さんの出演する舞台「おさらば恋が淵」を見てきました。せーじさん(たか喜代さんのこと)の舞台を拝見するのは初めてでしたが、この世の人でない役どころそのまんまの妖しい美しさ。じっと見ていたいんだけど、目をそらしちゃったりして…。他の役者さんの個性もユニークで、いまさらながらに一人ひとりの役者の持つ色形の違いを感じて楽しく拝見しました。幕末、明治のお話で、帰りにアンティークの着物屋さんのショーウィンドーにあった紅葉模様も美しい浅葱色の風呂敷を衝動買いしたのは、あきらかにこの舞台の影響でした。


| トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

フリーダ・カーロの遺品

フリーダ・カーロの遺品」を見てきました。画家フリーダ・カーロの死後50年を経て、写真家 石内都が遺品を撮影する姿とメキシコの風土や女たちを映しだしたドキュメンタリー映画です。

映画が始まった途端にメキシコの濃い空気、鮮やかな色彩にくらくらするような、気持ちになりました。自分自身がメキシコに飛んできたような…。フリーダはこの地に捧げられ、その中から作品が生まれたのかしらと思うほど、メキシコの風土が近く重くのしかかってきます。それが石内都さんの透明な目で写し取られていくことで、空気が軽くなりフリーダが自由になっていくような救われた気持ちになりました。 石内さんのことはこの映画で初めて知ったのですが、メキシコの風土に融け合うような強さと美しさをもった方でした。 

一緒に行ったのは、イラストレーターの原田和枝さん。インドで描いた作品をフェイスブックに発表されていて、絶対フリーダ・カーロ好きやわ!と思ってお誘いしました。映画みて、中華街でおいしいご飯を食べ、少々妖しいレトロな喫茶店でお茶してきました。 映画のこと、絵のこと、インド舞踊のことずっと大阪弁でしゃべりまくって、久々にデートした感じ!

| トラックバック (0)

2015年10月 3日 (土)

施設訪問

今日は、久々のむゆうじゅの施設訪問公演。むゆうじゅ結成時から、ボランティア公演のセッティングを好意でやっていただいているタカハラさんの勤め先のグループホームに6年ぶりくらいで行って来ました。むゆうじゅの公演があるから、この日は「インドデー!」という企画をされていて、ガネーシャなどインド関連のぬり絵をして、お昼ごはんは手作りカレー、そして午後からむゆうじゅの公演、お茶の時間にはチャイ。インドの雰囲気をホーム全体で作り上げ、入所者のご家族も交えて楽しい一日となりました。むゆうじゅのレパートリー3曲に加えて、みなさんで歌えるように、並木路子さんの「リンゴの唄」も急遽稽古して行きました。スタッフの方はそのための歌詞カードも作って貼り出してくださっていて、その情熱に頭が下がる思いでした。公演の後はしばしの交流タイム。衣装のこと、化粧のこと、興味津々なみなさまの笑顔に、愛情をいっぱいに感じ、また来てねという声に、時間はかかっても答えていきたいと思いました。 (個人的なことだけど、古い歌謡曲を歌い、踊れたのも、子供の時の夢がかなったようで実はとってもうれしかった。)

| トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »