« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月21日 (月)

妖しい楽園(水木しげる)

水木しげるさんの「妖しい楽園(PHPエディターズグループ)」を読んでいたら、以下の文章がありました。 言葉が目に飛び込んでくるような感じ入って来ました。

「(略)人間は生まれつき”目に見えないもの”、すなわち妖精(神、妖怪)を見たいのだ。
 そして”芸術”というのは、本来そのためのものなのだ。すなわち、”見えないもの”を見るためのものなのだ。
 人間は地上に生まれて、見えるだけのものを見て死んだって、つまらないと思う(ホント)。」

 「祈り」も目に見えないものですね。 妖精たちは、オディッシィダンスの「祈り」を感じ取り、踊り手と一緒になって舞台で笑っていてくれてるんじゃないかな…。 そんな想像をかきたててくれた水木さんの言葉です。


| トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »