« きよちゃんのすきなこと 2016.3.20 | トップページ | »

2016年3月12日 (土)

なかはらミュージカル

川崎市中原区の市民ミュージカル「桃の里のものがたり2016」を見ました。舞台は、桃の名産地であった戦時中、昭和の中原区(今はその面影ありませんが)。桃の精と少女との交流のなか、川崎大空襲、そして終戦へと向かいます。戦争というテーマを子供の視線で描いた和泉さなさんの脚本・演出です。第一回目のミュージカルに出演させていただいたのですが、続けて参加されている方々の成長ぶりにびっくり。そしてみなさんで創られたであろう物語の象徴となる桃の木がとっても美しくて、クライマックスでは思わずうるっときてしまいました。 明日の当日券もすこーし残っているそうですよ! おすすめします。

2016年3月12日(土)、3月13日(日) 2回公演・ダブルキャスト
月組 両日とも午後1時から午後3時(開場:午後12時30分)
星組 両日とも午後5時30分から午後7時30分(開場:午後5時)

【会場】中原市民館 多目的ホール
【スタッフ】脚本・演出 和泉さな
    音楽・歌唱指導 長井勝
    振付・ダンス指導 髙橋カツ子
    舞台監督 小川洋行

【主催】なかはらミュージカル実行委員会・川崎市(中原区役所)

« きよちゃんのすきなこと 2016.3.20 | トップページ | »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177761/63336386

この記事へのトラックバック一覧です: なかはらミュージカル:

« きよちゃんのすきなこと 2016.3.20 | トップページ | »