« はいさいフェスタ2016 | トップページ | マリーゴールド風呂 »

2016年5月 9日 (月)

ラビンドラナート・タゴール

1659_2先日、横浜の三渓園で行われた「タゴール来日三渓園滞在100周年記念イベント」に、参加してきました。 インドの詩人、思想家であり、すばらしい画家であるラビンドラナート・タゴールを愛するインドと日本のみなさんとの交流会。 タゴールの詩「100年後」を英語と日本語で朗読しました。 

タゴールの著作は詩集しか読んだことなかったので、予習をしようと前日に「タゴール著作集」を借りてきました。 来日した折に書かれた「日本紀行」を読むと、日本人の気質、空間の美的感覚についての描写や、インドの中のベンガル(タゴールの生まれた地方)と日本との共通性として、多くの民族が狭い国土で混血し、心の中に天性的な動への信仰を宿している点を述べているのも興味深く思いました。 まだ全部読めていないのですが、文章の美しさと内容に引きこまれて、ますますファンになってしまいそう。

 さて私の借りた本は1987年発行。 巻末には、なつかしの図書カードが!(しかも誰も借りていなくて、とってもきれい。) そこには、「本を返す日を忘れぬように。 本の取り扱いはていねいに」と小さく書かれています。 100年後のわたしたちは、タゴールの見た日本人とはずいぶん変わってしまったけれど、30年前の本からはそこはかとなく昔の日本の香りがしたのでした。

« はいさいフェスタ2016 | トップページ | マリーゴールド風呂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177761/63603256

この記事へのトラックバック一覧です: ラビンドラナート・タゴール:

« はいさいフェスタ2016 | トップページ | マリーゴールド風呂 »