« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月28日 (火)

等々力陸上競技場

土曜日は、久々に等々力陸上競技場でJリーグ1stステージ最終節の試合をみました。 気持ち良い風、スタジアムを横切っていく鳥たち。 以前と変わらぬコールリーダーの声と情熱。 同じ時間に鹿島で、浦和で、横浜で…、日本中のスタジアムにいる何万の人たちがそれぞれの思いを抱えてサッカーを見ている。 等々力に行くと自分が空気の中に溶け込んでいるような不思議な感覚になる。

| トラックバック (0)

2016年6月27日 (月)

葵の上・巴

16627友人の葛たか喜代さんが出演している現代能楽劇「葵の上・巴」を、見てきました。 「巴」は、木曾義仲の愛人である巴御前を主人公にした能「巴」と1970年に起こった三島事件(作家・三島由紀夫が、憲法改正のための自衛隊決起を呼びかけ割腹自殺をした事件)を交錯させた物語。 巴御前の能面をつけたたか喜代さんは、自衛隊の制服をつけての立ち回りも、柔らかな膝の動きで和服を着ているかのよう。 動きを制限するからこそ生まれてくる繊細な身体の流れに目が離れませんでした。

| トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

ドロー…

6/18のドローに終わった川崎フロンターレvsアビスパ福岡。 「なかなか思い通りにはいきませんねえ…」「ぼくの知り合いは福岡まで行ったんだよー。一泊2日で…」なんて、クリーニング店のご主人と雑談。 地域に根付いたスポーツの良い所は、こういうところにある。 年間優勝しか見てないから、今はいいのである。

| トラックバック (0)

2016年6月17日 (金)

茶道

今日は、茶道表千家のお稽古に参加させていただきました。 稽古始めには、少々固めだったみなさんも進んでいくに連れ、ゆったりとして、まさしくおとなの遊び場という雰囲気に。 風のよく通る気持ち良い部屋には鮎の掛け軸、花器にはナデシコ。 先生の「部屋の中で命あるのは、わたしたちと花だけ。花を愛でるのは、生命力を愛でることです。」という言葉に納得。 私が家のあちこちをベランダ栽培の花で飾ろうとしているのと基本は同じなんですね。 優雅さはかなり違うけど…。 それにしても、みなさんの所作は、洋装であっても着物を着ている姿が目に浮かぶようで、歩き方、立ち方が美しかった。 着物を着ることで、わざわざ筋トレしなくてもよかったのだなあ、昔の人は。

| トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

横浜ボートシアター創設35周年と遠藤啄郎氏の米寿を祝う会

16615半年前から、横浜ボートシアターの遠藤啄郎先生に「語り」の稽古をしていただいています。 昨日は「横浜ボートシアター創設35周年と遠藤啄郎氏の米寿を祝う会」が行われて、むゆうじゅのダンサー二人で「般若心経」を踊り、語り、唄って来ました。 横浜ボートシアターで音楽を担当されている松本利洋さんにエレキギターとコーラスで参加していただき、遠藤先生のご指導とあいまって、力強い「般若心経」に仕上がったと思います。 

この日は、遠藤先生のお人柄や作品を愛するみなさまが集まり、とても居心地のよい会となりました。 演劇関係のみなさまの前で、声をだすことには畏れと、チャレンジできる歓びがありましたが、踊り終わったときには、ただただ出会いへの感謝の気持だけ。 身を乗り出して見ていてくださっていた先生の姿は忘れられないです。

| トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

第一回聴覚障害者福祉講座

川崎市聴覚障害者情報文化センター主催の「第一回聴覚障害者福祉講座」があり、 講演、グループディスカッションと、そのまとめ報告で約3時間半、手話のシャワーをあびてきました。 日本手話を流暢に話すみなさんに混じってのディスカッションはまだまだついていけないけれど、グループの方に教えていただきながら楽しく参加!

| トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »