« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年7月29日 (金)

保育ボランティア

7/25 〜7/29まで、川崎市立ろう学校で公開研修会(わかりにくさのある子供たちやきこえない、きこえにくい子供たちを支援するための研修会)があり、28日の午後の部に保育ボランティアで参加しました。 保育を頼まれた方はひとりで、ボランティアは私を含めて二人。 やってきたのは聴覚障害と軽い自閉症を持つ5歳の男の子Kくんでした。 もうひとりのボランティアMさんは、難聴のお子さんが成長して手がかからなくなったから、参加したとのこと。 男の子は早速プラレールで自由に遊びはじめ、おやつの時間の催促をとってもきれいな手話で話しかけてくるくらいで、手もかからず静かに時間が過ぎて行きました。 Kくんの関節がとてもしなやかでやわらかいことをMさんに言うと、彼女の子供さんも幼い頃は筋肉が緊張しないから、首が座るのも遅く、身体がとても柔らかかったとのことでした。 Kくんが足に補助器をつけているのはそのせいかもしれません。 筋肉が緊張しないということは、表情もそうなのかしら。 ときおり見えないものを見ているような澄んだ表情であたりを見回していました。 からだもこころも成長の速さはひとそれぞれ。 子どももおとなも、みんなの個性がのびのびと育ちますようにと願わずにはいられない。 

この日、Kくんに教えてもらったのはおやつに食べた「チョコレート」の手話。 「チョコレート、おいしい。」と、とろけるような笑顔で語っていました。 真似たくなるようなすてきな表情だった。 

| トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

日本海スタイルカフェin東京

16715「日本海スタイルカフェin東京」というイベントで、友人の画家、田中今子さんが、漫画家のひうらさとるさんとトークイベントを行いました。 お二人とも大阪から兵庫県の但馬地方に移住されているので、但馬の魅力、田舎くらしのことについてのトークでした。 関西弁での、ほんわかした、けれど力強い女子トークには、隣の方と顔を見合わせて笑いあうこと数回。 住む場所にどこを選んでも、生き方のビジョンを持って困難を笑い飛ばせるエネルギーがあれば大丈夫!ということやねー。 写真は会場に展示されていた今子さんの作品です。

| トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

説経「愛護の若」より−恋に狂ひて

2日に見に行く予定が明日になりました。横浜ボートシアターの「説経「愛護の若」より−恋に狂ひて−」。 米寿を向かえられてもなお、生き生きとした作品を作り出している遠藤先生の創られた人形と役者たち、説経節政大夫の声とエレキ三味線。 船劇場での公演は見たけれど、神奈川芸術劇場でどのような変化を遂げているのでしょう! 公演は10日の日曜日までです。 

| トラックバック (0)

2016年7月 2日 (土)

インターナショナルフェスティバル 2016

告知が遅れてしまいましたが、明日川崎市国際交流センターで開催される「インターナショナルフェスティバルinカワサキ」に出演させていただきます。 14時半からふれあいステージです。 わたしの前はエチオピア、後はフィリピンの民族舞踊とのことで、どんな舞踊なのか興味津々です。 お近くのみなさま、どうぞいらしてくださいね。

| トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »