« タゴール横浜来訪100周年記念祭 | トップページ | ナマステ・インディア2016 »

2016年9月20日 (火)

ナマステ・インディアin女川町-2

宮城県女川町での「ナマステ・インディアin女川町」に行って来ました。 「ナマステインディア」のボランティアや出演者のみなさんとバスツアーで2泊3日ご一緒させていただきました。 「インド」という大きく深い共通項を持つ方々とは、どこかで出会ったような親しさを感じます。 ナマステの詳細は9/1のブログをご覧ください。 

今回は短い時間であっても女川のみなさまと触れ合いたいと思って、衣装のまんま、あちこちうろうろしていました。 案の定というかハデハデの舞台衣装に興味を持っていただき、子供たちや観客の方々とお話することができました。 震災のお話を踏み込んでお尋ねできなかったのが後悔なのですが、ある方は避難していた仙台から女川に戻って来られたとのことで、イベントをとっても楽しんでいらっしゃる様子。 そこにはインドの方々への感謝を強く感じ、わたしにまでも愛を向けてくださっているようでした。 この日、踊ったのは「マニキャビーナ・マンガラチャラン」。 弁才天として知られるサラスバティ女神を讃える踊りです。 水と豊穣の女神の愛が女川に世界に届きますように。

« タゴール横浜来訪100周年記念祭 | トップページ | ナマステ・インディア2016 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177761/64231434

この記事へのトラックバック一覧です: ナマステ・インディアin女川町-2:

« タゴール横浜来訪100周年記念祭 | トップページ | ナマステ・インディア2016 »