2017年4月27日 (木)

むゆうじゅ 『 叫びの海 Sea of Shouts』

叫びの海 Sea of Shouts』は、アジア初のノーベル文学賞を受賞したインドの詩人、ラビンドラナート・タゴールの作品に通底する「叫び」と「静寂」に焦点を当てたオリジナル作品です。タゴールは、いつも、今この瞬間うまれたばかりの子どものように、命のみずみずしさをうたった詩人でした。そこには、人の命に呼応する、花々があり、潮の満ちひきがあり、夏の庭を濡らす月光があります。ひとつひとつの言葉が音と色彩を帯びて躍動する! 今回は、日本滞在中、その着想を得た詩集『迷い鳥たち』や代表作『ギタンジャリ』をもとにタゴール作品に、新たな光を投げかけます。ゲスト・ミュージシャンとして尺八奏者の渡辺元子さんが初参加。古典のみならず現代における尺八の可能性を追求し、伊藤キム演出のカンパニー「GERO」への出演と多彩に活躍する演奏家です。

オディッシーダンスと『ギータ・ゴーヴィンダ』
インド東部のオディシャ州で13世紀から寺院で踊り継がれてきたオディッシーダンス。しなやかな曲線を描く腕や脚、やわらかな胴の動きは叙情的な魅力にあふれ、「生きた彫刻」とも呼ばれる。代表的な演目として、少年神クリシュナと牧女ラーダーの甘美な恋をうたった連作詩『ギータ・ゴーヴィンダ』(ジャヤデーヴァ作)があり、「むゆうじゅ」はこれに日本語の台詞を加え、よりわかりやすく客席に届けることを試みています。

「むゆうじゅ」は、インド古典の壮大で奔放な世界観を、舞と語りと音楽で表現するパフォーマンスグループ。踊り手みずからが日本語でインドの詩を語り歌います。インド古典舞踊の代表的演目の他に、『Heart Sutra 般若心経』や『三拍子の静寂(タゴールの詩より)』などのオリジナルを制作し、サンフランシスコや日本各地で公演を重ねてきました。メンバーはインド古典舞踊オディッシーダンスの、福島まゆみと桐山日登美、ヴァイオリン&シタールのGo Arai、タブラの石田紫織、ヴォーカルの善財和也に加え、2013年より、台本、演出家として垣花理恵子が加わりました。垣花の参加により「むゆうじゅ」は踊りと言葉と音楽の発展的融合を大胆に加速させています。

2017年5月20日(土)@プーク人形劇場
昼の部 14:00 開演 / 夜の部 18:00 開演
チケット:前売3,500円 当日 4,000円
※身障者割引 2,000円
(障害者手帳をお持ちの方。前売に限ります。)
ご予約はHPのメールからでも承ります。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

5/20 むゆうじゅ@新宿プーク人形劇場

1735むゆうじゅの春の公演の仮チラシ。4月のちらし完成まで待てない!と石田紫織ちゃんに作ってもらいました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

The movie of MUYUJU.

17107水平線と朝日をバックにむゆうじゅで動画を作りました。撮影は1月7日、太平洋を望む某所。カイロ10個貼っても、最後は歯かカタカタ鳴り出してしまったけど、素敵な作品に仕上がってうれしい。メンバーに感謝! 写真は撮影監督(左)とその助手(右)。むゆうじゅのGo Arai と善哉和也です。ムービーは下のリンクをコピーしてご覧ください。ぜひ!
https://vimeo.com/200645378

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

むゆうじゅのギータ・ゴーヴィンダ

161113むゆうじゅの2ndCD『むゆうじゅのギータ・ゴーヴィンダ』完成しました。 オディッシィダンス版の『ギータ・ゴーヴィンダ(クリシュナ神と牧女ラーダーの恋を描いた長編叙情詩)』より4曲入っています。 なかでも『マンジュタラ』は、この春に渡印した際に踊りの振り付けとともに、クムクム・ラール先生やインドのミュージシャンの方々が創ってくださったほやほやの新作です。 ご購入希望の方は、むゆうじゅまでメールをお願いいたします。〈muyuju9@gmail.com〉 私に連絡くださってもOK。 価格は1500円プラス送料です。 次のアドレスでダイジェスト版を視聴できます。ぜひ聞いてみてくださいね! https://vimeo.com/191418077
 
収録曲
1. Yahi madava
2. Dehi pada pallava mudaram
3. Manjutara
4. Kuru yadu nandana

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金)

三拍子の静寂 Life and Silence of Rabindranath Tagore

茶の湯とのコラボレーションを試みた「三拍子の静寂 Life and Silence of Rabindranath Tagore」多くの方々に支えられ無事終了致しました。こんなに少人数のお客様だけの公演はわたしには初めて。ひとりひとりのお客様を感じながら演じ踊ることはとても難しく、充実した時間でした。この美しい空間「自久庵」の100年間の歴史に小さな足跡を残せたこと、それを共有できたみなさまに感謝です。むゆうじゅの濃密な空間をこれからも作っていきたいです。

| トラックバック (0)

2016年10月17日 (月)

「三拍子の静寂 Life and Silence of Rabindranath Tagore」

161017次回、むゆうじゅは、東京・広尾の茶室にて。

ベンガル出身の世界的詩人ラビンドラナート・タゴールは、アジア初のノーベル文学賞受賞者、インドやバングラデシュの国歌を作詞、作曲し、晩年には多くの鮮やかな絵ものこした巨大な芸術家でしたが、その生涯のある時期に、日本文化の象徴ともいえる茶の湯に出会っています。茶の湯をつらぬく沈黙、静寂の精神と、タゴールの詩のなかにあらわれる Silence の宗教性を同じ時空に再現できないか。そんな思いから、今回の特別公演を企画しました。

2016 年は、タゴールが初来日して横浜・三渓園の穏やかな自然のなかで三か月を過ごした1916 年から、ちょうど100年という記念年にあたります。また、くしくも、今回の会場である茶室 「自久庵」が開庵したのも100年前の大正5年。100年という歳月は、人ひとりが生き抜くことのまずできない長い歳月。多くの戦禍が引き起こされた歳月。けれども、その歳月を通じ、連綿と生き、燦然と輝く「思い」や「場」は私たちの身近に確かに在ります。私たち自身がこの先の100年に何を残せるのか。そんなことも考えながら、皆さまと楽しいひとときを過ごせればと願うしだいです。終演後はお越しくださった皆様に、お茶とお菓子でおくつろぎいただきます。

日時:11月2日(水) 18時30分開場 / 19時開演
   11月3日(祝) 14時30分開場 / 15時開演
場所: 東京広尾「自久庵」
料金: 5,000 円
企画: むゆうじゅ
主催: 自久庵当主 垣花宗春

詳細とご予約はむゆうじゅHPをご覧ください。

| トラックバック (0)

2016年9月 8日 (木)

タゴール横浜来訪100周年記念祭

1698_2今、むゆうじゅでは、インドの詩聖ラビンドラナート・タゴールの作品を上演しようと取り組んでいます。10月1日には、「タゴール横浜来訪100周年記念祭」に出演させていただくことになりました。横浜市開港記念館という歴史あるすてきな会場で、インドから来日した音楽家らと共に出演します。詳細はHPをご覧ください。

「いまから百年後に、わたしの詩の葉を、心をこめて
読んでくれる人、君はだれかーいまから百年後に?

早春の今朝の喜びの仄かな香りを、今日のあの花々を、
鳥たちのあの唄を、今日のあの深紅の輝きを、
わたしは心の愛をみなぎらせ君のもとに届けることが
できるだろうかー

いまから百年後に。

(略)

いまから百年後に 君の家(うち)で、
歌って聞かせる新しい詩人は誰か?

今日の春の歓喜の挨拶を、 わたしはその人に送る。
わたしの春の歌が、しばし君の 春の日に、こだま
しますように。

君の心臓(こころ)の鼓動のなかに、 若い蜂たち
のうなりのなかに、そして、木の葉のざわめきのなか
にも、こだましますように。 いまから百年後に。』 」
(タゴール作詩「100年後」より抜粋)

| トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

横浜ボートシアター創設35周年と遠藤啄郎氏の米寿を祝う会

16615半年前から、横浜ボートシアターの遠藤啄郎先生に「語り」の稽古をしていただいています。 昨日は「横浜ボートシアター創設35周年と遠藤啄郎氏の米寿を祝う会」が行われて、むゆうじゅのダンサー二人で「般若心経」を踊り、語り、唄って来ました。 横浜ボートシアターで音楽を担当されている松本利洋さんにエレキギターとコーラスで参加していただき、遠藤先生のご指導とあいまって、力強い「般若心経」に仕上がったと思います。 

この日は、遠藤先生のお人柄や作品を愛するみなさまが集まり、とても居心地のよい会となりました。 演劇関係のみなさまの前で、声をだすことには畏れと、チャレンジできる歓びがありましたが、踊り終わったときには、ただただ出会いへの感謝の気持だけ。 身を乗り出して見ていてくださっていた先生の姿は忘れられないです。

| トラックバック (0)

2016年3月21日 (月)

きよちゃんのすきなこと

16320「きよちゃんのすきなこと」みんなの笑顔のうちに終わりました。 お忙しい中集まっていただいたみなさまありがとうございました。 会場をきよちゃんの好きな絵、サリー、布、お花やオリーブなどなどで飾り、お料理は特製のカレー! きよちゃんもきっとみんなの輪の中で笑っていたことでしょう。 写真は、「あわたま」のひでさん、オディッシィ仲間のみなさんとむゆうじゅ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 5日 (土)

きよちゃんのすきなこと 2016.3.20

1635_2昨年12月、友人でオディッシィの踊り手であった大林清子さんが光に還りました。
きよちゃんが生まれた3月に、彼女仕立ててくれた衣装を身につけ、出会えた事に感謝し、共に踊ります。 どうぞ皆さまおいで下さい。

<きよちゃんのすきなこと>
2016.3.20 (日)
14:00 開場
15:00 むゆうじゅライブ
16:00 お食事

演出 垣花理恵子
出演 むゆうじゅ 
   福島まゆみ(舞踊、語り、うた)
   桐山日登美(舞踊、語り、うた)
   GO ARAI(シタール、ヴァイオリン)
   善哉和也(うた)
上演演目 タゴールの詩より
     インド叙情詩「ギータゴーヴィンダ」より2編
     Heart Sutra(般若心経)
会費 3000円(お食事付・要予約)
@あわたま 前橋市龍蔵寺町313-12 電話027-233-2517
ご予約・お問い合わせ あわたま
 

| トラックバック (0)

より以前の記事一覧