2017年7月 9日 (日)

17079白と紫とライムグリーンの組み合わせが素敵なスプレーマム。お供え用の花束に使われていました。こんな配色の衣装もいいなあ…とお墓参りの前に思わずパチッ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

酒粕ペースト

「むゆうじゅ」の稽古のため福島まゆみさんのご自宅に行った際、彼女がお昼ごはんを作ってくださっている間に、「寺田本家の酒粕(さけかす)レシピ」なる料理本をぱらぱらとめくっていたら「酒粕ペースト」なるものが載っていました。酒粕300グラム、水300cc、塩6グラムを酒粕が溶けるまで煮詰めるだけ。超簡単なので、マンネリになりがちな料理を打開すべく、早速、作ってみました。これはいけます!! 汁物にポトッ、炒め物、和え物にポトッ、マヨネーズやドレッシングに混ぜたり…。冷蔵庫に入れて一ヶ月は持つらしいですが、すぐになくなってしまいました。新たに酒粕を買い足し、再度作っています。粕汁で酔っ払ってしまうというお酒の苦手な方もよく煮詰めるので大丈夫です。もう酒粕の季節は終わりに近づいていますから、興味を持たれたあなたは今すぐ買い求めくださいませ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

アルバイト

先月から新しいアルバイトをはじめました。企業に勤めるのはとーっても久しぶり。職場の先輩から信頼してもらうにはまず名前を覚えてもらうこと。そのために自分のことを「わたし」でなく、「〇〇さん」と名前でいうと良いとのアドヴァイスを受ける。なるほど… キリヤマさんの職場は障害をもっている子どもたちが学校帰りにやってくるところです。一緒に遊んだりしながら、子どもたちの反応や表情にびっくりしたり少し感動したりしています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

17201_2帰国しました。体重は増えた(ような気がする)けど身体も心も軽々としています。この感覚は好きです。うまく説明できませんが、非日常な日常生活を送れたからなのかな。 写真はインド在住の画家、由里子ローチャンさんの自宅アトリエにて。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

元旦

あけましておめでとうございます。 良い年になりますように。
初詣でひいたおみくじは、2013年と全く同じ。神様からのエールと思おう。

「神様から世界作り固めの御役目をうけて、この地上に高天原の、住みよい、明るい、平和な世界を創り上げる為に生まれてきたのである。この信仰をもって一生を働き続けましょう。」

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

クリーニング

いつもお世話になっていた駅前のクリーニング店が今年いっぱいで閉店となる。 50年続いた自宅工場の老朽化のためだそう。 そのことを知ったときに舞台衣装などいろいろクリーニングにだしていた。 今日、外出の帰りに受け取りに行く。 オディッシィダンスの舞台衣装は洗濯表示もついていないし縫製も複雑で、大手チェーン店では断られることもある。 汗で塩がふき濡れたままの衣装をそのまま持ち込んだりもしていたので、この店がなくなるのはショック、そして寂しい。 少し離れているけれど、ご主人おすすめのクリーニング店を教えていただいた。 ご主人や奥様との世間話はいつもフロンターレだった。 今日も天皇杯の話題で盛り上がる。 「勝ったね!!」「あと一勝!」

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

中原教会

161224武蔵小杉の住宅地の中にある中原教会は、素朴で暖かなたたずまいで以前から興味をもっていたのですが、クリスマスチャリティコンサートに友人が出演するということで、初めて中に入りました。外からみたのと同じ、暖かで美しい教会でした。 写真は、出演者全員での「ああベトレヘムよ」より。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月22日 (木)

ノイズの海

手話サークルで指導いただいている酒井郁さんが出演されるということで、舞台「ノイズの海」を拝見しました。 わたしの前の列には、ろうの方と手話に堪能な方々がいらして、開演前、手話でのおしゃべりがさかんでした。 なにを話されているのか、手話初心者としては失礼を承知で聞き耳をたてるように見ていました。 違う世界にいるような不思議な感覚。 それは、「ろう者が感じる音楽と、きこえる人が感じる音楽は、どこが同じで、どこが違うのか」という作品のテーマに繋がっていくのかもしれません。 酒井さんの手話は、舞台上も日頃と同じく、チャーミングで表情豊かでした。 あんなふうに話したいなあ…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月29日 (金)

保育ボランティア

7/25 〜7/29まで、川崎市立ろう学校で公開研修会(わかりにくさのある子供たちやきこえない、きこえにくい子供たちを支援するための研修会)があり、28日の午後の部に保育ボランティアで参加しました。 保育を頼まれた方はひとりで、ボランティアは私を含めて二人。 やってきたのは聴覚障害と軽い自閉症を持つ5歳の男の子Kくんでした。 もうひとりのボランティアMさんは、難聴のお子さんが成長して手がかからなくなったから、参加したとのこと。 男の子は早速プラレールで自由に遊びはじめ、おやつの時間の催促をとってもきれいな手話で話しかけてくるくらいで、手もかからず静かに時間が過ぎて行きました。 Kくんの関節がとてもしなやかでやわらかいことをMさんに言うと、彼女の子供さんも幼い頃は筋肉が緊張しないから、首が座るのも遅く、身体がとても柔らかかったとのことでした。 Kくんが足に補助器をつけているのはそのせいかもしれません。 筋肉が緊張しないということは、表情もそうなのかしら。 ときおり見えないものを見ているような澄んだ表情であたりを見回していました。 からだもこころも成長の速さはひとそれぞれ。 子どももおとなも、みんなの個性がのびのびと育ちますようにと願わずにはいられない。 

この日、Kくんに教えてもらったのはおやつに食べた「チョコレート」の手話。 「チョコレート、おいしい。」と、とろけるような笑顔で語っていました。 真似たくなるようなすてきな表情だった。 

| トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

日本海スタイルカフェin東京

16715「日本海スタイルカフェin東京」というイベントで、友人の画家、田中今子さんが、漫画家のひうらさとるさんとトークイベントを行いました。 お二人とも大阪から兵庫県の但馬地方に移住されているので、但馬の魅力、田舎くらしのことについてのトークでした。 関西弁での、ほんわかした、けれど力強い女子トークには、隣の方と顔を見合わせて笑いあうこと数回。 住む場所にどこを選んでも、生き方のビジョンを持って困難を笑い飛ばせるエネルギーがあれば大丈夫!ということやねー。 写真は会場に展示されていた今子さんの作品です。

| トラックバック (0)

より以前の記事一覧